スタッフ日記

 kiso-IMG_3921.JPG 今期の最終回は中華メニュー。「あんかけやきそば」、「青梗菜のスープ」、「りんごの春巻き」を作ります。今日はいろいろな切り方をおさらいし、揚げ物、中華スープのとり方を覚えてください。

 焼きそばのあんに入れる白菜のそぎ切りには悪戦苦闘。いつもは立てて前に進める包丁を、寝かせて手前に動かす…勝手が違って難しかったようですね。同じ大きさに切りそろえることは、火通りや見た目からも大切なポイントです。材料を切りそろえたら、あとは炒めるだけ。中華鍋を使ってあんを作ります。前に教わった中華鍋の扱い方は覚えていますか?麺は押さえながら焼いてパリパリにします。

kiso-IMG_3920.JPG スープはひと手間かけて、鶏がらスープにねぎや生姜の香味野菜を加えて、より中華!に仕上げます。

 案外知らない春巻きの皮のはがし方、半分→半分に枚数を左右均等にはがしていくと破けません。皮には裏表があるので気を付けてください。今日は甘酸っぱいりんごのデザート春巻きです。

 今期を振り返って、たくさんのお気に入りメニュー名があがりました。。皆さんいろいろ作られて、ご家族に喜んでいただけて何よりです。来期も皆さんのお越しを楽しみにお待ちしています。

 IMG_3889.JPG今日の講座のテーマは、「ネオニコチノイドとミツバチたち」です。農薬とは、農作物等を害する病虫害を防除するための薬剤ですが、近代農薬は有機合成農薬の登場で、色々な害があることが問題視されてきています。そこに、ネオニコチノイド系農薬が登場、安全な農薬・夢の農薬と呼ばれて広く使用されていました。ところが、神経毒性があることがわかり、なんとハチの免疫反応を弱め、大量死に至りました。全面禁止されている国がある中で、日本は禁止の気配もないそうです。かわいそうなみつばちたち。住みやすい環境が整うことを切に望むと同時に、私たちの食べ方も考えてみる必要がありそうです。IMG_3895.JPG

 今日ははちみつを使ったお料理です。「ハニーマスタードチキン」「かぶのポタージュ」です。
 鶏肉は観音開きにして、火の通りが均等になるように切りましょう。両面を焼いたら、調味料で味付けします。
 ポタージュは野菜を炒めてから、ミキサーにかけ、鍋に戻したら、牛乳や生クリームを加えて味を調えます。やさしいお味をぜひ、ご家庭でも作ってみてください。

10月11日 ママの楽しいキッチン♪

IMG_3752.JPG 今日のテーマは「季節を感じるテーブルに」です。メニューは「ハヤシライス」「さつま芋のサラダ」「アップルプラングル」を作ります。秋の味覚満載です。

 はじめにアップルプラングルから作ります。バターと薄力粉を切るようにカードを使って細かくして、手で擦り合わせながらぽろぽろのそぼろ状にし、りんごの上に載せて焼き上げます。
 焼いている間に、ハヤシライスとサラダを作ります。豚肉や玉ねぎを炒め、バターと薄力粉を加え、合わせておいたスープを入れ20分ほど煮込みます。市販のルーなど使わずに簡単に作れるところがポイントです。
 サラダは1㎝角に切ったさつま芋を茹で、熱いうちにバターを加え、マヨネーズやヨーグルト等で味を調えます。さつまいもで甘いお味なのですが、粒マスタードを入れることで、大人のサラダになります。ママ友ランチに、ぜひ作ってみてください。

10月6日 親子クッキング

 IMG_3673.JPG半年に2度開催の人気教室、親子クッキングです。IMG_3695.JPG

 「切りものはボクたちに任せて」のテーマ通りにたくさんの切りものに挑戦です。メニューは「さつま芋のカレー」「ツナといんげんのサラダ」です。
 さつま芋は2㎝角に、たまねぎ、にんじんはみじん切り。いんげんは一口大、トマトはくし形に切る等、たくさんの切り方を学びました。さつま芋は意外に固いのですが、小さいお子様も頑張って切れました。包丁の使い方も上手です。

IMG_3680.JPG 玉ねぎから炒め始め順に炒めてから、ひたひたのお水を加えますが、「ひたひた」を学びました。

 煮ている間にサラダを作ります。いんげんは筋のとり方を覚えました。茹でて、他の具材を合わせ、混ぜておいたドレッシングと合わせます。
 カレーフレークを入れて調味して出来上がりです。美味しくてご飯をおかわりするお子様もいました。ぜひお家でも作ってみてくださいね。                   IMG_3685.JPG

                     IMG_3702.JPG                                            

10月5日 和のおもてなし

 秋の旬の食材を使った和のおもてなし料理。お味だけでなく、食材を楽しみ、飾り切りなど調理技術を学び、おもてなしのテーブルコーディネートも見せていただきましょう。

 メニューは、「吹き寄せおこわ」「梨とスモークサーモンの味噌和え」「山芋と生麩の吸い物」の3品です。
IMG_3638.JPG おこわは、むかご・栗の甘露煮・銀杏を使い、さつまいもは銀杏の形に、にんじんは紅葉の形に、ごぼうは松葉に切って、おこわを飾ります。器の中で形も色も秋を味わえるお料理です。今日は蒸し器で作りました。炊飯器でもできますが、蒸すという調理が、適切な水分を与え、ふっくらともち米を炊き上げてくれます。ぜひ皆さんにも蒸し器をおすすめしたいです。

 果物を使ったお料理を最近目にすることが増えたかもしれませんが、お料理には昔から使われていて珍しい事ではないそうです。さわやかな甘味、酸味、食感といろいろ楽しめます。今日の和え物も食感と甘味と塩味のバランスのよさが実感できます。

 お吸い物は、すりおろした大和芋で作ったフワフワの椀種、季節感いっぱいの紅葉麩、あしらいは柚子のせん切り、調和のとれた秋の椀です。

 今日のお料理はだしが美味しくとれるかどうかで全て決まりますねと、教室が始まる前に講師が口にしていました。講師のとっただしを味見。味を覚えて皆さんもだしとりの実習です。昆布の引き上げ、かつおぶしを入れる、火を止めてこす、全てタイミングが味に直結するだしとりです。皆さんからも緊張の面持ちです。そのかいあって、本当に美味しいだしがとれて、上品で繊細なお料理が出来上がりました。
いただきますの前に皆さん写真タイム。当然ですね。
 

 キッズクッキングでは、お料理中心に実習しています。その中でお菓子を作りたいという希望があり、キッズお菓子クラスが始まりました。作ったお菓子の一部はお持ち帰りとなるので、おうちに帰ってから、家族とお話しながら食べていただけていると思います。

IMG_3492.JPG 今日はオーブンでプリンを作り、「プリンアラモード」にして食べます。プリンは材料はシンプルですが、実は作るのが難しいお菓子です。
 プリン液は、沸騰させないように火を入れ、湯せんしながらオーブンで焼きます。焼きすぎると固くなってしまうので、表面がひとつになってゆれる感じ…これがベストの焼き上がりめやすです。みんなでしっかりチェックしました。

 計量をして、カラメルソースを作り、プリン液を作り、オーブンで焼く。IMG_3470.JPG型からはずして、フルーツとホイップクリームでデコレーション。上手に型からはずせるかな…プルプルとお皿に移せましたね。
 次はデコレーションのイメージ。ぶどうとバナナでプリンをぐるっと囲むのかとか、プリン片側にだけ置こうかとか、みんな悩んでいます。最後はクリームを絞って思い思いに仕上げます。
 お迎えにきたお母さま方も、おうちに持ち帰ったプリンを食べたお母さま方も感激されていました。次回が楽しみですと言ってくださる言葉がうれしいです。

IMG_3477.JPGIMG_3474.JPGのサムネイル画像

9月28日 もっと学べるおうちごはん

IMG_3442.JPG 今日は中華です。下ごしらえと段取りをしっかりしていけば、あとは炒めるだけです。メニューは「酢豚」「中華炊き込みご飯」「もやしと大根のスープ」を作ります。

 まずは炊き込みご飯ですが、下味をつけておいたお肉や粗みじん切りにした野菜等を炊飯器に入れ、調味料を加えたスープと共にスイッチポン。あとは炊き上がるのを待ちます。

 酢豚は野菜が沢山ありますが、手分けして切っていきます。先程は粗みじん切り、酢豚は乱切りです。あちこちから先生を呼ぶ声が…乱切りをおさらいしました。竹の子は特に難しいようでした。水煮の竹の子は形も様々なので、乱切りはどこに包丁を入れるか迷いますね。
 調味料をすべて合わせておくことも大事です。今日は、計量も練習しました。大さじ1杯は液体の場合と、粉類は違いましたね。しっかりマスターしましょう。
 次に野菜や肉を油通しをして下準備が整ったら、中華鍋で一気に炒めていきます。炒める音も豪快に、調味料を加えると良いにおいが立ち込めます。仕上げにごま油を加えましょう。彩りもきれいな酢豚の完成です。

 スープは冷凍の鶏がらスープを使い、はじめに長ネギや生姜の皮を入れて、香りを出すことも忘れないように。大根が軟らかくなったら、もやしやザーサイを入れて味を調えます。美味しいスープが完成します。ぜひご家族が揃った時などに、作ってみてください。皆さんから「きれいで美味しそう!」の声がたくさん聞こえ、食べるのが待ちどおしいご様子でした。

9月26日 季節を感じる和のごはん

wasyoku-IMG_3437.JPG いつまでも残暑が続き、なかなか秋になりませんが、今日はメニュー名からも思い切り秋!の三品「おはぎ3種」、「秋なすの煮物」、「えびしんじょと菊菜のすまし汁」です。

 まず、いつもの通りおだし作りから。一番だしはすまし汁に使います。菊菜?と思われた方も多いようですが、春菊の関西での言い方です。季節感を出して今回はあえて菊菜にしました、と講師より。しんじょをビックリするほどフワフワに仕上げる秘密は…とろろ芋でした。

wasyoku-IMG_3433.JPG 煮物には二番だしを使います。わざわざ煮汁を半分に分けたり、なすを取り出したり? と感じてしまったちょっとしたお手間は、なすをきれいな色に仕上げるためでした。お料理の見た目はとても大切、一手間を惜しまず…ですね。

 最後に、このクラスでは珍しい和菓子作り。こし餡、黒ゴマ、きなこと三種のおはぎをお楽しみください。おはぎは、秋の七草の代表とも言える萩の花に見立てたと言われています。お教室では、はかりで餡やもち米を測って、小ぶりに同じ大きさに仕上げます。

 食卓はすっかり秋!さわやかな秋晴れが待ち遠しいですね。

9月22日 キッズクッキングA

  今日は家庭料理の定番「生姜焼き」と「なめこと豆腐のみそ汁」を作ります。

  IMG_3376.JPG生姜焼きにはつけあわせにキャベツのせん切りを添えます。食感がかなりかわってくるので、なるべく細かく切ってみましょう!生姜焼きのたれは半分は漬け込みたれとして、残りは焼けた肉全体に回し入れ、煮詰めすぎに注意しながら火をいれましょう。IMG_3395.JPG

 なめこと豆腐のみそ汁は煮干しだしをとるところから始めます。煮干しの半割もキッズたちに体験してもらい、とっても味わい深いだしが完成。いつものかつおだしとはまたちがった美味しさです。

  IMG_3382.JPG生姜焼きの甘しょっぱいたれはごはんと相性抜群!!です。ご飯やキャベツにかけてたべているキッズたちもちらほら...そこになめこと豆腐のみそ汁でほっと一息、あっという間に完食していました。ご家庭でもぜひ試していただきたい2品です。

 

 

kiso-IMG_3370.JPGのサムネイル画像 今回はおしゃれな洋食メニュー。「鮭のムニエル」、「蒸し野菜&ディップ」、「きのこのクリームスープ」です。 始める前の皆さんのおしゃべりが聞こえてきました。「キッチンに立つのが楽しくなった~♪」、「片付けが苦じゃなくなり、キッチンがきれいになった」と…何だかとっても嬉しくなりました。

 kiso-IMG_3350.JPGのサムネイル画像さて、ムニエルは魚の切り身に小麦粉をまぶしてバターで焼いたものです。骨を丁寧ににとる、きちんと水分をふきとる等々魚のきちんとした下準備が大切です。しっかり焼き色を付けて、カリッとした食感を楽しみながらいただきます。同じフライパンでソースを作り、クレソンと一緒におしゃれに盛り付けます。

 蒸し野菜は、蒸し器が無くても、お鍋にお皿を入れて代用することができます。蒸すと水っぽくならずにお野菜のお味が楽しめますね。

 まだまだ残暑が続きますが、たっぷりのきのこを使ったクリームスープは一足お先に秋が感じられますね。

 試食中には、「こんなに美味しく鮭を食べたのは初めて!」という声が聞こえてきて、講師も喜んでいます。 来月は今期の最後、中華のメニューです。どうぞお楽しみにいらしてください。

 

IMG_3320.JPG 今日の講座のテーマは、「持ち帰り寿司の食品添加物」。IMG_3327.JPGつい手軽に購入してしまう持ち帰り寿司ですが、表示から覗いてみると、色々と不思議を感じてしまいます。寿司飯とありますが、お米や酢などの表示がないのは原材料は何ですか?と問いたくなります。卵焼きも、ここでは作らず、他から購入しているのかしら?さらに添加物のカタカナもたくさん見受けられます。お寿司もネタの美味しいお店で食べたいものです。       

 お料理は、「きのこと牛肉の混ぜ寿司」「かきたま汁」を作ります。
 お米を炊いて、寿司酢をつくり、すし飯を作っておきます。混ぜ寿司の中身はきのこと牛肉を煮汁でしっかり味付けをして混ぜます。混ぜ寿司の上には新鮮なベビーリーフやルッコラなどを盛り、女子ランチにはうってつけです。
 美味しいおだしをとっておき、卵をといて、かきたま汁の完成です。
 お寿司は安心安全でいただきたいものですね。

9月15日 キッズクッキングB

kidsB-IMG_3229.JPG 今日のメニューは沖縄の郷土料理。「タコライス」と「アーサー汁」を作ります。

 タコライスと言ってもタコは入っていませんよ。メキシコ料理のタコスがヒントになって沖縄で生まれたものです。カレー粉をちょっときかせて炒めたひき肉と玉ねぎ。レタスとトマトで色どりよく盛り付けます。kidsB-IMG_3227.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像温かいご飯にのせたチーズは、トロリと溶けるよう全体を混ぜ合わせていただきます。そうそう、今日は玉ねぎを目が痛くなると嫌がらずに、交代してきちんとみじん切りができましたね。立派でした。

kidsB-IMG_3217.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像 沖縄でいうアーサーは、あおのりといわれています。アーサー汁は丁寧にとるお出汁がやさしいお味の決め手です。お味見も大切ですね。黒いアーサーの中に白いはんぺんを浮かべます。

 そしてお楽しみのクイズのテーマは、はんぺん。近藤マネージャーが一生懸命考えた にせものをみごとに見破りました! まだまだ厳しい残暑が続きますが、暑くてもいただきやすいタコライス。ご家族でお試しくださいね。